記事

昔ひったくりにあった時の話

ふわ

数年前まだ会社勤めをしていた頃、帰宅途中にひったくりに遭いました。想像以上に大変でした。

自転車の籠から何食わぬ顔でカバンを盗って行ったのです。何が起こったのか一瞬わかりませんでした。

こっちは自転車、あっちはスクーターで追いつけるわけもなく…とりあえず追いかけるも見失ったので

さてどうするか…

私の持ち物は全部その鞄に入っていたのです。スマホも家の鍵も、財布もその他もろもろ取られました。

マジか…え?家に入れない?

幸い自転車に乗ってるので、とりあえず実家に行きました。
自転車があってよかった…

そこで110番してもらい警察が迎えに来て交番まで行き事情聴取。被害届を出します。

交番でカード会社の電話番号を教えてもらってお電話もお借りしてクレジットカードを止めました。

カバンに何が入っていたかを詳しく記録されます。ちょっと恥ずかしい。

現場で、どこでどうなったかを説明したりしました。

幸い実家に合鍵を預けていたので家に帰れましたが
スマホどうしよう!!

そしてこれからが大変なことに。その時の私は気づいてなかったのでした。

友達はだいたいSNSで繋がってるのでパソコンから連絡がついたのでOK。
しかも、いろいろサポートしてもらえました。

神!このサポートがなかったらもっと大変だった。

帰れたのは深夜だったので当日はもう何もできず。
それからしなければならいこと

  • スマホを復活
  • 身分証明書の再発行(保険証等を持ち歩いてた)
  • クレジットカードの再発行
  • 家の鍵を変える
  • パスワード諸々の変更

急ぎじゃないけど

  • 財布とかiPodとか持ち物を買い戻す

スマホの復活

機種変更という形で新しいスマホを手に入れるのですが身分を証明できるものがない!!

事情を話して最終的には父と一緒に行き、被害届の番号、住民票、父の身分証、戸籍謄本などでなんとかやってもらった感じです。

保険証の再発行を待ってからすれば1番確実ですが日数がかかるので…
身分を証明できないことがこうも大変だとは…!

この日から何か一つは家に置いておこうと思いました。
年金手帳も身分証明書の一つになる。

電話が戻ってきたところで各種カード類のお問い合わせをしまくり、再発行の手続きをしていきました。(会員カードも減らそうと思った)

LINEはパソコンで一時的に復活させたのですが、不正アクセスを試みる通知が来ていました。こわ。

後日警察から連絡があって警察署へ

近所の防犯カメラに映ってるから確認してほしいと。
不正アクセスがあった件とかもろもろ報告。

割と大変なのでなかなか被害届とか調査協力する被害者も少ないようです。

忘れた頃に犯人が捕まったと連絡が!マジか!すごい!
犯行を繰り返していたらしくそれで捕まったそうです。

私の保険証やカードを持っていたのでそれを確認しに行く。
(犯人とは会いません)

戻ってきたのはそれだけでした。もう使えないけど無駄に持たれてるよりは戻ってきて安心。

カバンを盗られるだけ…じゃなかった!

カバンにはお金で買えないものが1つだけ入っていたのです。それは先代猫の牙。火葬した時にキーホルダーに入れるタイプのものにお守りとして入れてもらったもの。

スマホのデータもですが、戻せないものも急に取られてショックでした。当時それが1番ショック。猫が守ってくれたのか自分が無事だったこと、当時自転車に乗っていたこと、犯人が捕まったこと…不幸中の幸いがたくさんありました。

怪我がなくてよかった。でもしばらくは怖かった。

ひったくりに注意ってよく聞くし、まさか自分がってのもよく聞くし全然ひったくってった感じじゃなく道を聞きにきたのかな?ってくらいの感じでゆっくり近づいてきた。

ヘルメットもフルフェイスじゃない。とても普通。変質者のような邪気もなく。

普段から道をよく聞かれるのでいつものそれだと思って油断した。

ヒョイって持ってった…ひったくり防止ネット付けよう。

お金だけの問題じゃ無く、取り戻す手続きがものすごく大変だったのは体験しないと気づけないことでした。

それから持ち物を減らして身につけるようにしてます。

先日ミニバックが話題になっていたのでこの事件を思い出したのでした。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

記事URLをコピーしました