記事

部屋と自分と向き合ってみた。

ふわ

今年の初めにメモアプリに書いて保存してあったメモを投稿します。

疲れてると部屋が乱れてる。
自分に必要な物事と向きあう。

一人暮らしを始めて10年、1番物が少ない状態になりました。引越し当初より少ない。

今までは部屋の模様替えは好きだけど日々の片付けや掃除は苦手というめんどくさがりでした。(めんどくさがりは変わらない)

雑貨や本、いろいろなグッズをつい集めてしまって物がたくさんあった。断捨離の最初のきっかけは子猫(なぎまる)を譲り受けたこと。

↑家に来た当時の写真。今は6歳の大人猫です

それまでにも猫を飼っていましたが元々大人しく、病気で亡くしてしまったので数年間は居ませんでした。

なぎまるはやんちゃで隙間に入ったり、コードをかじったり!危険なので片付けざるを得ません。

ある程度は片付くものの掃除がしにくいのも気になっていました。和室で床に座るのでつい床に物を置いてしまっていたり…

なるべく掃除に労力を使いたくないので掃除がしやすい部屋を目指す。処分するのも大変なので一気にではなく何年もかけて減らしていきました。

部屋を片付けると何処に仕舞ったかわからなくなるという現象はいまだに起こる(笑)

何もない空間が少しずつ増えたり、物が使いやすく、探しやすくなったり。気にすることが減ったので気持ちの余裕も増えました。

更なる転機として、本棚をやっと手放せた時に大きな地震が起こりました。細々としたものは散乱しましたが無事でした。

猫もパニックになって暴れるので本棚が無くて良かったと思いました。

ホッとしてふと見ると電子レンジが落ちかけるギリギリの状態!もし落ちていたらと思うとヒヤッとします。(冷蔵庫さんありがとう)

↑その時の写真。いろんなモノが落ちて散乱。
余震を考えて下に降ろしましたが邪魔で、しかも重くて…

実家から持ってきて20年くらいは使っていたものなので思い切って手放すことにしました。もし必要になったらもっと小さいものを買おうと。今も無しで生活しています。

その時、これから買うものはなるべく自分の力で動かせる物にしようと思いました。

断捨離する時に目的は何か?を考えると続く気がします。

  • 安全のため。
  • 掃除をしやすくする。
  • 掃除する物自体を減らす。

など

スッキリした空間が気持ちよく嬉しい気分になりどんどんハマりました。

収納ボックスや棚を減らす。新しく買い足さないのもコツです。

使ってないものでいつか使うと思うものは「なぜ今、使っていないか考えてみる」

  • 実は使いづらい。
  • 今はそれを使う事(趣味など)をやっていない。
  • 実は気に入っていない。

など

併用できるものや小さなものに買い替えてみる。

例:フードプロセッサー→スライサー3点セットに。

消耗品は無くなったら買い足さず過ごしてみる。実は無くても大丈夫だということもありました。

自分で好きだから持っていると思っていた物も実は人からの目を気にしていることに気づきました。

このアーティストが好きだからグッズは持っていなきゃいけない。絶対CDは買わなきゃという思い込み。そんなことはない。

誰かに何か言われると考えてしまうけど、その人はそもそも家に来ない。

持っていないと家族に何か言われる←レンジや炊飯器を処分する時に思いました。

自分が実家に出向くことが多いので家族もほとんど家に来ないし言われても「今は無い」で大丈夫。

その後、祖母にバレて「レンジが無い生活が可愛そう」だと思われ、新しく買われそうになりましたが「お金がないから持ってないわけではない」し本当に必要になったら買うから今は要らないと何度も伝え、叔母の協力もあり納得してもらいました😅

劣化しているものも多かった。

避難用品も気をつけたいのですが輪ゴムやセロテープとかがネチョネチョになってたり使用期限が過ぎていたりするので定期的に見るようにした方が良い。

いつか使うとしてもそのいつかが来たときには劣化で使えないかもしれない。それならその時に買う方が良いかも。

大きな物だと捨てるのにもお金がかかるのでそれを経験すると買う時の抑止力になる。

捨てるのはやっぱり気力も体力も使う。

思っていた以上に無くても平気。

もっと気軽に掃除をするためにハンディークリーナーを検討していました。実際店頭で見てみると意外と重いかもと一旦保留に。

その後ちょっと気になった時には、ほうきとチリトリでササっと掃くようにしたところ、楽だし静かなのですぐにできるため定着しました。

100均の小さいセットとチリトリ、箒はホームセンターで数百円と値段も安いのが嬉しいです。がっつり掃除したいときは掃除機を出してきます。

※その後ハンディークリーナーを購入しました。掃除機よりコンパクトですぐに使えるので気に入っています。

自分の気に入ったモノを使ってあげられるしずぼらですがモノが無いとそんなに散らからないので助かっています。

まだ引き続き減らしている状態ですが今は使い切ってさよならする感じが多いです。

誰かにプレゼントする時もその人の欲しいものか、金券か消えもの(食べ物や使ってなくなるモノ)を選ぶようになりました。手放す時1番、苦心するのがもらい物だったりするので。

そんな感じで数年かけて少しずつモノを減らして来た覚え書きです。

トランク一個で身軽に動き回るのが憧れ😆まだまだ程遠いですが。

持ち物と向き合うと、自分の気持ちとも向き合える気がしますね。

結構「誰かに何か言われること」を恐れていましたが、それは自分の中で思っているだけ。実際言われても説得できるし、その部屋で過ごすのは自分。

そこで過ごす人が気分よくいられることを優先させていいと思いました。

読んでいただきありがとうございます

記事URLをコピーしました